TaranathaのdBu ma theg mchogに説かれる二諦説 On the Two Truths Theory in the dBu ma theg mchog of Taranatha

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

チベット仏教のチョナン派のTaranatha Kun dga' snying po (1575-1635)によるTheg mchog shin tu rgyas pa'i dbu ma chen po rnam par nges pa (dBu ma theg mchog)の第7章は,「二諦の決択」というタイトルで二諦説が論じられている.本章の特徴をまとめると,次のようになる.1.Taranathaの二諦説は,MaitreyaのMahayanasutralamkaraとMadhyantavibhaga,そしてNagarjunaのMulamadhyamakakarikaを引用して議論がなされている.ただし,その度合いはMaitreyaのテキストが中心となっている.2.二諦説は三性説に基づいて解釈されており,円成実性である勝義諦は法界・真如・如来蔵などの語により説明されている.これらのことから,彼の立場は同じチョナン派のDol po pa Shes rab rgyal mtshan (1292-1361)の他空説の立場を継承するものである.3.TaranathaのテキストにはDol po paへの直接の言及は見られないものの,その注釈書には彼のbDen gnyis gsal ba'i nyi maの引用も見られ,同論と重なる記述を多数見ることができる.Vasubandhuに帰される『般若経注』も同じように引用されることからも,本章は同論に基づいて著された可能性がある.

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 60(3), 1275-1282, 2012

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009425731
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    023527826
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top