スペースデブリに配慮した信頼性・安全性対策(スペースデブリと安全性) Measures to Ensure Riliability and Safety Considering Space Debris(Space Debris and Safety)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

宇宙活動において,「宇宙のごみ」(以下「デブリ」)の発生を防止する取り組みは,国連や国際標準化機構が推奨するガイドラインや規格類,並びに宇宙先進国政府あるいは公的機関が発行する標準書等にて進められており,各国の関係者それぞれが可及的速やかに実行に移す必要がある.しかし,単なるデブリ発生防止策を続けてもここ数年間の増加傾向が今後も継続すれば,宇宙活動を持続することはいずれはかなり困難となるほどである.このような悪化した軌道環境では,デブリ発生防止の取り組みだけでは不足であり,デブリの被害に対して積極的に信頼性と安全性を確保する必要がある.衛星・ロケットの品質を運用終了まで維持する信頼性,運用終了時点での廃棄処置を行うことの信頼性は,デブリ衝突による故障発生確率を含めて保証されるべきである.本稿では更に処分した衛星・ロケットが地上に落下する際の対人安全性にも言及する.なお,本稿は筆者の調査の結果得られた個人的見解を示すものであり,組織としての見解を示すものではない.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 34(3), 172-177, 2012

    日本信頼性学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009426207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    023629933
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ