次期月着陸計画SELENE-2の着陸地点検討  [in Japanese] Landing site evaluation for the next lunar exploration project: SELENE-2  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本の月探査計画SELENE-2は,コミュニティーの総意としての理学探査目的を含むプロジェクトとなるために理学目標を定め,それを踏まえた工学設計を決定するために,理学研究者によって構成された組織による着陸地点の選出を必要としていた.この必要を満たすためにSELENE-2着陸地点検討会は組織され,1年半に渡って運用されてきた.多分野横断の検討組織の運用はそれ自体,日本の宇宙探査史上で初めての試みであったと言える.本稿では,現時点の着陸地点候補地を紹介すると共に,組織はどのように運用され,その成果はどのようなものであったのか,うまく機能した点や問題点はなにかを今後のSELENE-2計画の発展と同種の活動の一助となるようにまとめる.

Journal

  • Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 21(1), 45-56, 2012

    The Japanese Society for Planetary Sciences

References:  1

  • <no title>

    HASHIMOTO T.

    Acta Astronautica 68, 1386, 2010

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009426520
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10446455
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0918273X
  • NDL Article ID
    023629871
  • NDL Call No.
    Z15-791
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top