NACSIS-CAT典拠ファイルに見るわが国の日本著者名典拠コントロールの実態 The Present Condition of Japanese Name Authority Control in Japan Seen from NACSIS-CAT Authority File

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,国内の大学図書館を中心に多くの機関が参加するNACSIS-CATの日本人著者名・団体名の典拠レコード作成状況を調査し,国内の日本著者名典拠コントロールの実態を把握することを目的とする。1986年1月1日から2009年12月31日までに作成されたNACSIS-CAT著者名典拠レコード全件(1,517,926件)のうち,日本人著者名・団体名典拠レコードである425,360件を対象に分析を行った結果,1)対象レコードの作成を行う機関は微増傾向にある,2)作成について先行研究が指摘するほどの寡占傾向は見られない,3)各々の参加組織の作成量の変動は年によって激しいものの一部の組織はコンスタントなペースを維持している,4)作成数上位組織は固定していない,ことが明らかとなった。NACSIS-CATにおける日本人著者名・団体名典拠レコード作成は未だ安定的に保証されているとは言えない状況と見られる。

The objective of this study is to figure out the present condition of Japanese name authority control in Japan through the investigation of Japanese personal and corporate name authority records of NACSIS-CAT in which many organizations, especially academic libraries in Japan take part. There are 425,360 of Japanese personal and corporate name authority records of all (1,517,926) authority records made from Jan. 1^<st>, 1986 to Dec. 31th, 2009. The results are 1) The number of organizations which make Japanese personal and corporate name authority records are increasing gradually, 2) The occupancy of records made by particular organizations is lower than the earlier study pointed out, 3) The amount of records which made by each organization fluctuate according to the year, but partial organizations are making records at a constant pace, 4) Organizations that make many records are very changeable. In conclusion, Japanese personal and corporate name authority records of NACSIS-CAT are not yet assured stable at present.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 58(1), 35-44, 2012

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009444577
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-8668
  • NDL 記事登録ID
    023604993
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ