ネイティブアセンブリコードを出力する教育用コンパイラ(XCC)と, 水平スライスが可能な可視化ツール (MieruCompiler)  [in Japanese] An Educational Compiler Emitting Native Assembly Code (XCC) and Its Visualization Tool with "Horizontal Slicing" (MieruCompiler)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 権藤 克彦 GONDOW Katsuhiko
    • 東京工業大学大学院情報数理工学研究科計算工学専攻 Dept. of Computer Science, Graduate School of Computer Science, Tokyo Institute of Technology
    • 荒堀 喜貴 ARAHORI Yoshitaka
    • 電気通信大学大学院情報システム学研究科 Graduate School of Information Science, University of Electro-Communications

Abstract

ネイティブ方式の教育用コンパイラには教育上,多くの利点があると我々は考えている.その一方で,機械語命令,アセンブラ命令,ABIなどの知識を学生が習得する学習コストが高いという欠点もある.本論文では,この問題を解決するために,(1)XC言語とネイティブ方式の教育用コンパイラXCC,(2)新しい水平スライス機能をもつ可視化ツールMieruCompiler,を提案・実装することで解決を試みる.水平スライスとは,ユーザが指定したある項目に対して,ソースコード,アセンブリコード,抽象構文木,スタックレイアウト,記号表,及びコンパイラコード中の関連する項目を構文単位でハイライト表示する機能である.我々の知る限り,XCCとMieruCompilerと同じ設計思想のものはほかには存在しない.特に水平スライスは文献[30]が提案したが実装が複雑なため未実装であり,簡潔で読解性の高い実装方法は自明ではない.簡潔さと高い読解性は学生の学習コストを低く保つために必要であり,本論文ではこれを実現するXCCとMieruCompilerの実装方法について述べる.XCCとMieruCompilerには,既にそれぞれ10年間と3年間の講義での使用実績があり,その範囲に限るが,実際の講義で使用できる有用性を有する.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion)

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(5), 1225-1241, 2012-05-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  66

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009444739
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    023751235
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top