学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーション基盤の提案  [in Japanese] Proposal for Open Education Infrastructure using GakuNin and e-book Technologies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

Massive Open Online Course (MOOC) に代表されるオープンエデュケーションの活動が,にわかに活発化しており,ネット上でのインタラクティブな学習環境が無償で提供されてきている.これらは全て Web ベースのポータルであり,これまでの電子書籍 (教科書) ではインタラクティビティが期待しにくいため,そのような学習環境の基盤にはなり得なかった.我々は HTML5 を用いて電子書籍から統合認証フェデレーション (学認) へ参加することにより,学認 ISP のコンテンツへの認証されたアクセスを可能にし,電子書籍のインタラクティビティを大きく拡張した.本報告では,この電子書籍をポータルとしたオープンエデュケーション基盤を提案する.Massive Open Online Course (MOOC) is a popular Open Education activity now. It provides us free and interactive e-Portals on the Internet. All the portals have been web-based and e-textbooks so far could not have been portals because of its less interactivity. We have improved the interactivity of e-textbook using HTML5 and Shibboleth technology. In this technical report we propose new e-Portals with this new e-textbook.

Journal

  • 研究報告 システム評価(EVA)

    研究報告 システム評価(EVA) 2012-EVA-39(2), 1-6, 2012-09-20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009455704
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11583959
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top