IH調理器を使った理科学習  [in Japanese] The Electromagnetic Heater as an Teaching Instrument  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

身近なものを分解しながらもののしくみを探る理科学習は,生徒に新鮮味や興味関心を持たせるのに有効であると同時に,生徒に理科が生活に結びついていることを実感させ,さらに生徒の考える力を養うことができる。本研究では,特に理解が難しいといわれる電磁誘導の学習と結びつけた,IH調理器のしくみを探る学習を関発した。中学校や高等学校で複数の実践授業を行ったが,いずれも生徒の興味関心は高く,さらに授業後,多くの生徒が電磁誘導や誘導電流の理解が深まったと答えた。

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 60(2), 105-109, 2012

    The Physics Education Society of Japan

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009457447
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0021972X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL Article ID
    023838380
  • NDL Call No.
    Z15-2
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top