無料低額宿泊所の現状と生活保護行政の課題 Issues for Public Assistance Indicated by the Actual Condition of Low-price Accommodation Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,一部の無料低額宿泊所が,ホームレスを対象とした貧困ビジネスであるとして社会問題化している.本稿の目的は,2010年に厚生労働省が行った調査の個票データを分析することを通じて無料低額宿泊所の現状を明らかにすることである.特に本稿では,無料低額宿泊所の特質である利用料の低廉性と居住の一時性について検討した.その結果,第1に,無料低額宿泊所の宿泊料は近隣の一般住宅の家賃と同程度以上であるが,居室の水準は一般住宅と同程度以上とはいいがたいことが分かった.また第2に,入所期間が1年以上の長期に及んでいる入所者が6割近くに上っており,その背景には入所者の生活保護費に関する地方負担の仕組みが一般住宅への転居を阻害していることがあると推測された.問題解決のためには,ホームレスに対する生活保護行政が無料低額宿泊所に依存することなく運用できる環境を整備することが必要である.

In recent years, some low-price accommodation facilities (LAF) are becoming a social problem as "poverty business" targeting homeless people. The purpose of this paper is to clarify the actual condition of LAF by analyzing the individual data of a survey by the Ministry of Health, Labour and Welfare in 2010. In particular, this paper examined whether or not accommodation charge is inexpensive and period of use is short, since the main features of LAF are that they are low cost and temporary habitation. As a result, it was found that despite accommodation charge of LAF being equal to (or higher than) neighboring general housing, the quality of rooms is not equal to (or not higher than) them. Secondly, it was presumed that nearly 60% of LAF users have been in long-term use over one year. In the background, there is the fiscal burden of local governments in public assistance, which hampers moving LAF users to general housing. Solving the problem will demand the establishing of a structure to enable local governments to operate public assistance for homeless people without relying on LAF.

収録刊行物

  • 社会福祉学

    社会福祉学 53(1), 67-78, 2012

    一般社団法人 日本社会福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009457508
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0911-0232
  • NDL 記事登録ID
    023814196
  • NDL 請求記号
    Z6-275
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ