近世口語テキストの構造化とその課題 Structuring Colloquial Early Modern Japanese Text and Its Issues of Definition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,国立国語研究所 「通時コーパス」 プロジェクトの一環として検討されている, 『洒落本大成』 『虎明本狂言』 の電子化について,構造化仕様・文書型定義を示し,割書や発話表示等,資料特有の形式の扱いや,それに伴う課題等について論ずる.This paper describes the specification and Document Type definition(DTD) for digitized documents of "Sharebon" and "Toraakira's Kyogen", as part of NINJAL Diachronic Corpus Project, and discusses its characteristic properties, styles and issues.

収録刊行物

  • 研究報告人文科学とコンピュータ(CH)

    研究報告人文科学とコンピュータ(CH) 2012-CH-96(1), 1-8, 2012-10-05

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009459601
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1010060X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ