CSR活動として自社保有地で行う企業の森づくりの特異性について : 茨城県・常陸大宮市ピジョン美和の森を対象として  [in Japanese] Unique foresting in a company's own land as CSR : A Study of Pigeon Corporation's Miwanomori, in Hitachiomiya-City, Ibaraki Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中尾 宏 Nakao Hiroshi
    • 東京情報大学総合情報学部環境情報学科 Tokyo University of Information Sciences, Faculty of Informatics, Department of Environmental Information
    • 下嶋 聖 Shimojima Hijiri
    • 東京農業大学短期大学部環境緑地学科 Junior College of Tokyo University of Agriculture, Department of Environment and Landscape

Abstract

企業は将来にわたって事業を継続することを前提に利潤を追求し自らを発展させてきた。近年、これに加えて企業も社会を構成する一員であるとの考えから、自らの発展と同時に社会貢献が求められるようになった。特に「企業の社会的責任」元年と呼ばれる2003年以降、多くの企業が「企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility 以下CSR)」を推進している。企業が行う植樹活動もその多くがCSRの一環として始められ、環境活動を行う環境CSRの具体的な方策として植樹による「企業の森づくり」に参加する企業が急増している。しかし、それらは、都道府県との連携による森づくりであり、短期的な企業主導の森づくりであるため、地域の森林計画や地域住民の意識との乖離といった課題が明らかになっている。本論では、企業のCSR報告書を中心に、資料・文献を整理したうえで、聞き取り調査を行い、これらの課題を解決するために企業が行う新たな活動形態として、ピジョン株式会社が茨城県常陸大宮市の社有地で行う「ピジョン美和の森」植樹活動の特異性を明らかにした。環境CSRの一環として行う植樹活動を自社の保有地で行い、自社の資産として森づくりを進めるためには、他の有形・無形の資産同様、維持管理のための持続的森林管理方法の構築が必要である。

A company, developing its business in chase of profits, is required contribution to society as a member of the community. Since 2003, many companies have developed and promoted corporate social responsibility (CSR). In recent years, more and more companies introduce an activity of foresting as a part of CSR. The number of companies with CSR Forest is rapidly increasing. However, other studies have concluded that the creation of a forest is dissociated from the local forest plan because of domination by administrative division and short-term contract.In this article, first of all, the current reality of foresting by companies was clarified by the survey of CSR reports. Secondly, the investigation was made of the company continuing planting trees in its own land as CSR for years to reveal the uniqueness of the activity. The following are the main findings(: a)many companies have lack of knowledge about forestry preservation and(b) it is requested to construct the management system for forest assets like established one for other tangible or intangible assets.

Journal

  • Journal of Tokyo University of Information Sciences

    Journal of Tokyo University of Information Sciences 16(1), 47-69, 2012-09

    Tokyo University of Information Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009464161
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11155514
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1343-2001
  • NDL Article ID
    024023325
  • NDL Call No.
    Z22-B278
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top