上流文書成果物からのテストケース設計におけるRDFストアを用いた自動化手法 (知能ソフトウェア工学) Document-based Test Case Generation using RDF Store

この論文をさがす

著者

抄録

要求・仕様書や設計書などの上流文書成果物に対応して計画・実施される統合・システムレベルのテスト設計では,コードを対象とした単体・結合レベルのテストに比べ自動化技術が進んでおらず効率面・品質面から問題となっている.このような状況を改善することを目的とし,我々は,上流文書成果物からのテストケース設計作業を自動化するための課題を整理し,それらを解決する手法を汎用的な枠組として提案したい.提案手法では,テストケースを定義する際に重要であり,かつ現実の多様な文書から取得することが可能な情報のモデルを実プロジェクトからの洞察をもとにまとめ,これを構造的なタグとして定義する.その上で,対象文書からの情報をRDF形式のデータとして抽出しRDFストアに一元的にまとめ,抽出されたRDFリソースデータに対して上記モデルで定義されたタグを付加する.その後,このタグ情報を用いて文書からテストケースを一様な手続きのもと生成する.本論文ではこの手法とその実装システム,実プロジェクトへの適用結果の概要を示す.

Automation tool has made less progress in software testing based on document such as requirement and design than unit testing for programming code. Therefore, system-level test has pressing problems related to its quality and effectively. For improving such situation, we sort out problems that constitute main obstacle to automation in designing test cases based on documents and offer a versatile method for document based testcase generation. In the method, we first define primitive case model as a set of structural tags, which express important, fundamental and relatively extractable information for defining test cases, which are designed based on our experiences and insights gained through real projects. The method converts extracted text data into RDF data, puts the data into a RDF store, and annotates data in the RDF store with tags of the primitive case. After that it generates test cases using only the tag information in a uniform manner. This paper describes the method, implemented system, and some result from real projects.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(282), 67-72, 2011-11-10

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466232
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10386841
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023345623
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ