コンピュータウィルス感染下におけるヒトの意識と行動に関する実験と考察 (技術と社会・倫理) Study on Consciousness and Behavior under Computer Virus Infection

この論文をさがす

著者

抄録

DDoS攻撃に対する新しい情報セキュリティ対策を具体化するために,コンピュータウィルス感染時のヒトの意識に関する研究を行っている.ウイルス感染時における心理状況は,一種のパニック状態と見なせるが,現在までに報告された例はない.今回,その対策を検討するための基礎データを収集する目的で,ウィルスに擬似感染させる実験を行い,ヒトの心理と行動の特徴を分析したので報告する.

We have been researching individual behavior and consciousness under computer virus infection. The situation under virus infection can be considered to be a kind of panic, however, there has been no report. So, we had the experiments to collect the basic data for our research and analyzed. This paper mentions the experimental method and experimental results for individual consciousness and behavior.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(363), 29-34, 2011-12-17

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466346
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11651731
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023375738
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ