災害時と平常時Twitterにおけるデマとデマ訂正ツイートの特徴分析 (データ工学) Analysis of Diffusion of Rumor and Correction Tweets on the Twitter during Disasters and Normal Situation

この論文をさがす

著者

抄録

FacebookやTwitter等,マイクロブログの普及により,ユーザはインターネット上でリアルタイムなコミュニケーションを容易に行う事が可能になっている.特にTwitterは2008年に国内でのサービスを開始して以降,急速にユーザ数を伸ばしている.Twitterは多くの人々と様々な情報を共有できる半面,デマの拡散を助長することもある.実際に2011年3月11日に起こった東日本大震災において,Twitter上の様々なデマがユーザを混乱に陥れたのは記憶に新しいが,平常時においてもデマを確認することができる.そこで本論文では,災害時におけるツイートのデマとデマの訂正に注目し,デマとデマ訂正ツイートの傾向と,災害時と平常時のツイートの傾向を分析することで,デマの拡散を防止することを目指す.

The rapid progress of the micro blog such as Facebook and Twitter, user can communicate with each other easily in real time on the Internet. Especially, Twitter has so many users and it becomes popular information tools. There, however, much rumor information on the twitter and user can diffuse it easily. In fact, after the Great Eastern Japan Earthquake in Japan 2011, user fell into confusion with various rumors on Twitter. But user can confirm rumors during checkups too. In this paper, we focus on the tweet of rumor and correction during disasters, analysis the tendency of rumor and correction tweet, the tendency of tweet during disasters and checkups, to prevent the spread of rumor.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(361), 59-64, 2011-12-16

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009466693
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012921
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023375619
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ