Toulminモデルとベイジアンネットワークを用いた論証構築支援システムの開発 (教育工学)  [in Japanese] Toulmin Model based Argumentation Support System using Bayesian Network  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 宇都 雅輝 UTO Masaki
    • 電気通信大学大学院情報システム学研究科 Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications
    • 植野 真臣 UENO Maomi
    • 電気通信大学大学院情報システム学研究科 Graduate School of Information Systems, The University of Electro-Communications

Abstract

本論では,アカデミックライティングにおける説得的な論証の構築を支援するシステムを開発する.これまでの論証構築支援システムでは,論証の規範モデルとして知られるToulminモデルに論証を表層的に当てはめる支援に留まっていた.しかし,論証では主張を証明することが最も重要であり,このためにはToulminモデルへの当てはまりよりも,構成要素間の論証の強さを重視すべきである.そこで,本論では,Toulminモデルのベイジアンネットワーク表現を用いた論証構築支援システムを開発する.具体的には,論証の構成要素を確率変数,論証の強さを主観確率とみなし,ベイジアンネットワークにより確率推論することで,論証の弱い箇所を同定し,より強い論証への改訂を支援する.

The purpose of this study is to develop a system which supports a persuasive argumentation. There are many related systems which focus on putting user's argumentation in the framework of the Toulmin model, which is known as a model for persuasive argumentation. However strengths of arguments are more important factors to prove the claim of an argumentation. Therefore this study develops an argumentation support system using a Bayesian network expression of the Toulmin model.

Journal

  • IEICE technical report. Education technology

    IEICE technical report. Education technology 111(332), 41-46, 2011-12-08

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009466761
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013163
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    023368567
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top