コムギ眼紋病の環境制御による防除(土壌微生物制御による環境保全型農業への展望)  [in Japanese] Ecology and Cultural Control of Eyespot Disease of Wheat(Perspectives in Sustainable Agriculture: Control of Soil Micro organisms)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コムギ眼紋病は現在北海道のコムギ栽培地帯全域に蔓延,定着している。本病の最も重要な生態的特徴は本病原菌が容易にほ場に侵入,蔓延,定着することである。また,被害解析を行ったところ,発病茎率90%,発病度40以下では本病による被害はないことが明らかとなった。以上のことから,本病を防除するにはほ場から本病を根絶することをめざすのではなく,発病を軽減し実質的な被害を回避することが重要である。この考えに基づいた有効な防除対策として,以下の手法が有効であると認められた。1)麦類以外の作物による3年以上の輪作2)夏期の10日間以上の湛水3)田畑輪換4)栽培管理による発病助長の防止 これらの対策により本病の発病を軽減させても,その後に小麦を連作すと本病は多発する。これら耕種的防除対策の継続が重要である。

Journal

  • Soil Microorganisms

    Soil Microorganisms 48(0), 25-31, 1996

    Japanese Society of Soil Microbiology

References:  17

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009467857
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00352796
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0912-2184
  • NDL Article ID
    4069220
  • NDL Source Classification
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL Call No.
    Z18-1873
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top