エンタープライズサーチ導入における評価方法(<特集>ナレッジマネジメントにおけるWeb活用) Evaluation method in the enterprise search introduction(<Special feature>Knowledge management with practical use of the web)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,企業内の情報化の進展に伴い,エンタープライズサーチと言われる企業内検索システムの導入が進んでいる。このエンタープライズサーチを導入する上で,さまざまな観点から評価を実施しなければならない。特に大企業においては,大量の文書が保管されており,検索精度や検索レスポンスなどに与える影響は大きいと考えられ,適切な評価手法が求められる。さらに投資効率と言った企業戦略の面からの評価も必要となってくる。多くの社員が検索に頼るようになり,業務において必須のツールとなった現在,検索における投資効率の検討は重要となってくる。今回,これらについて,実際に関西電力で実施したエンタープライズサーチ導入事例を交えて報告を行なう。

In late years, with progress of the computerization in the industries, many companies have introduced the search system called enterprise search. When introducing a enterprise search system, evaluations from various points of view play important roles. In big company in particular, a large quantity of documents are kept, and appropriate evaluation technique is demanded because the influences to search precision and a search response has a big impact. Furthermore, the evaluation by the corporate strategy such as the investment efficiency is necessary, too. More and more employees demand a search tool and rely on a search, more examination of the investment efficiency in the search becomes important. This paper reports the case of introduction of enterprise search at the Kansai Electric Power.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 62(7), 281-287, 2012

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009471223
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    023762377
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ