図書館サービスにおけるナレッジマネジメントツール (特集 ナレッジマネジメントにおけるWeb活用) Management tools for knowledge-creation at library services

この論文をさがす

著者

抄録

情報が集まる図書館は,資料管理等の面で自然と情報の管理を行ってきた。一方,情報サービスの面では情報および知識の管理はこれからという状況である。そこで,この10年前後におけるナレッジマネジメントと図書館の動きを振り返ると共に,図書館の情報サービスにおけるナレッジマネジメントの一例として,国立国会図書館のレファレンスサービスにおけるナレッジマネジメントとツールを紹介する。具体的には,国立国会図書館の近年のレファレンスサービスに関連する知識のマネジメントについて,共同化,表出化,連結化,内面化の4ステップと照らし合わせながら,インフォメーションカード, FAQ機能,REX,リサーチ・ナビ,レファレンス受理処理,レファレンス協同データベースというツールを提示したい。

Libraries have been collecting much information and managing many documents. On the other hand, libraries have not been managing information services. In this article, I will look back on the movement of Knowledge Management (KM) in libraries for these 10 years, and introduce the case of KM in National Diet Library (NDL) reference service. Specifically, I try to assign the information about the management of NDL reference service to four steps which are socialization, externalization, combination and internalization. And I will describe NDL tools about info-card, FAQ, REX, Research Navi, reference accepting / processing system, Collaborative Reference Database.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 62(7), 288-295, 2012

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009471224
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    023762412
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ