ビッグデータ時代の知識共有 (特集 ナレッジマネジメントにおけるWeb活用) Knowledge sharing in the era of Big-Data

この論文をさがす

著者

    • 犬塚 篤 INUZUKA Atsushi
    • 岡山大学大学院社会文化科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University

抄録

今こそ,知識と情報の違いを再検討すべき時である。知識貯蔵庫を作って知識共有を図ろうとした多くの試みの失敗は,この違いを正しく認識しようとしなかったことに起因する。一方で,ビッグデータは,効果的な知識共有を行う環境作りに貢献する可能性を高めつつあるように思える。本小論では,知識を蓄積するという発想ではなく,個人空間をいかに再現するかといった観点からビッグデータを利用し,得られた知識をビジネスの場に活かしていく方法論について,検討を重ねる。

Now is time to rethink the difference between knowledge and information. Many failures in aiming for knowledge sharing by using knowledge repositories came from a manner not be willing to realize the difference. On the other hand, Big Data seems to be gaining some potential to make an environment that enables knowledge sharing effectively. The author thinks the ways of getting value from Big Data focusing not just on how it can be stored but also how it can reproduce a personal space, and how the resulting knowledge can be used in the business climate.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 62(7), 302-307, 2012

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009471226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    023762492
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ