[招待講演]日本におけるオープンデータの活用に向けて Toward Utilization of Open Data in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

政府保有データの活用(オープンデータ)は,電子行政の新たな潮流であるオープンガバメントを進める上で最も主要な政策である.政府は「電子行政オープンデータ戦略」をとりまとめ,政府の透明性・信頼性の向,国民参加・官民協働の推進,経済の活性化・行政の効率化といった目標に向け動き出した.世界最高水準とされる日本の情報通信基盤を活用し国民がITの恩恵を享受するためのカギはデータの活用にある.本稿は国内外先進事例に基づき,オープンデータを具体的に進めるための(法制度整備以外の)5つの方策を示す.Open data is the most important policy in promoting open government. Japanese government issued "e-Government Open Data Strategy." It aims to advance government's transparency, public-private cooperation, and revitalization of the economy. Utilization of data is the key to benefit from the world most advanced ICT infrastructure of Japan. This paper presents 5 way to promote open data based on cases.

収録刊行物

  • 研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)

    研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2012-EIP-58(4), 1-5, 2012-11-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009478993
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ