ロシア資料にみる18世紀前半鹿児島方言の「テアル」「テオル」 Tearu and Teoru as Seen in Russian Materials Reflecting the Early 18th Century Kagoshima Dialect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

18世紀鹿児島方言を反映するロシア資料には,「テアル」「テオル」という「テ+存在動詞」形式が見られる。鹿児島方言とロシア語の対訳資料であるという資料の性質を踏まえた上で,「テアル」「テオル」の表す意味を,ゴンザが関わった日本語訳とロシア語文の両面から検討した。その結果,「テアル」は「主語が動作を受けて存在する」ことを表す形式であり,一方の「テオル」は既然態に類する「状態」を表す形式であることを述べた。また,「テオル」は,主語の有生/無生を問わず使用されていることを指摘し,この振る舞いは現代の西部日本方言の存在動詞の体系に通じるものであることについて言及した。

In Russian materials that reflect the early 18th century Kagoshima dialect, there are expressions consisting of te + existential verbs (tearu and teoru). Based on the study of those materials, specifically books featuring parallel translation in the Kagoshima dialect and Russian, this paper analyzes the use and meaning of these verb forms by examining the bilingual texts. It emerges that tearu functions as an existential verb in the passive voice and that teoru functions more like a resultative verb. Furthermore, this paper reveals that teoru can take both animate and inanimate nouns as its subject. This linguistic behavior differs from the Kamigata dialect. The difference originates in the system of existential verbs common among western Japanese dialects (which include the Kagoshima dialect) displaying only two existential verbs, aru and oru.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 8(1), 14-28, 2012

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009479831
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    023461010
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ