現代のロシア正教会における女性像  [in Japanese] Images of Women in the Russian Orthodox Church in Post-Soviet Russia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソ連崩壊から約20年を経る今日のロシア連邦において、教育・医療・福祉分野など公共領域で存在感を増すロシア正教会の提示する女性像・家族像について分析を行う。おもな分析対象は、ロシア正教会の女性信徒を読者対象とした冊子型の年間暦に読み物として挿入されている司祭(男性聖職者)のことばおよびロマノフ王朝最後の皇后アレクサンドラ(1872〜1918)の覚書である。本稿の分析で明らかにするのは、両者の言説が、対照的なものでありつつ相互補完的なメッセージを読者に対して発していること、「良妻賢母」像を提示していること、またこんにちのロシアの社会状況を反映したものであるという点である。

In post-Soviet Russia, the Russian Orthodox Church has increased it's presence in public spheres, education, medicine, and welfare management. How does the Russian Orthodox Church discipline people in the era of post-atheism? This article attempts to clarify the way the Russian Orthodox Church teaches people from the perspective of its image of women and family. The author surveyed church calendars for women, and this study reveals that the images of women are not monolithic, and that they reflect the contemporary social context in Russia.

Journal

  • Religion and Society

    Religion and Society 18(0), 49-61, 2012

    The Japanese Association for the Study of Religion and Society

Codes

Page Top