改良カナリアFFを利用した高信頼性VLSI設計手法の提案 (集積回路・集積回路とアーキテクチャの協創 : ノーマリオフコンピューティングによる低消費電力化への挑戦) A design approach of dependable VLSI using improved canary FF

この論文をさがす

著者

抄録

半導体技術の微細化と、携帯電話などのポータブルデバイスの普及により省電力かつ高性能のLSIの需要が高まってきた。ディープサブミクロン領域での素子特性のばらつきや、経年劣化、ソフトエラーによるタイミングエラー対策としてカナリアFFを用いた高信頼性VLSI設計手法の提案を行った。本稿で述べる改良カナリアFFはこれまでのカナリアFFに比べて約8%の消費電力を削減することを確認している。またカナリアFFによるLSIのセル面積に与える影響についても調査を行った。

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 111(388), 67-72, 2012-01-19

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009481176
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013276
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    023424265
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ