差別をめぐる相互行為のダイナミクス : 演繹的社会学のコアとしての数理社会学 A Model of Discrimination Interaction : Mathematical Sociology as the Core of Deductive Sociology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

社会学における演繹的研究の有効性を示すためには、そのコアにあたる数理モデルによって実例を示す必要がある。本稿では、差別される側と差別する側の相互行為のフォーマライゼーションを試み、フィールドワークに基づく研究と、数理社会学との対話の可能性を検討する。具体的なモデルとしては進化ゲーム理論の模倣ダイナミクスを用いて、それぞれの立場における戦略シェアの変化を分析する。モデルを分析した結果、差別への抵抗が活性化すると差別は減少するが、差別される側が抵抗を選好していても、初期状態によっては差別がなくならないことが分かった。また初期状態において、ある程度差別が多いほうが、ダイナミクスの末期では、かえって差別が減少するというインプリケーションが得られた。

In this paper we formalize the interaction between discriminators and those who are discriminated against, in order to make a theoretical linkage between mathematical sociology and fieldwork studies. We use the imitation dynamics of evolutionary game theory and analyze the change of share of strategies in each group, the discriminators and the victims of discrimination. By the analysis of our model, we obtain the following results. First, discrimination will decrease according to the increase of resistance to it. However, depending on the initial state, there will remain players who still choose a discrimination strategy when t→∞, even though players who are discriminated against prefer resistance to discrimination. Second, the more discrimination exists at the initial state, the more discrimination will have decreased at the end of the dynamics.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学

    フォーラム現代社会学 9(0), 42-51, 2010

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009486229
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1347-4057
  • NDL 記事登録ID
    10750059
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ