社会主義体制における現実の表象 : ポーランド・ドキュメンタリー映画の検討から  [in Japanese] Representation of "Reality" in Socialist Society : An Analysis of Polish Documentary Films in the 1950's  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論の目的は、旧ソ連・東欧の社会主義圏におけるユートピア的想像力が当時の人々の意識や実践とどのような相互作用を及ぼし合い、そこにはどのような思考や実践の可能性が存在したのかを明らかにすることである。この目的のために、本論は1950年代のポーランド・ドキュメンタリー映画を当時の雑誌記事などと合わせて分析することにより、社会主義のユートピア的想像力がいったいどのような形で映画のなかで映し出される「現実」をとらえようとしていたのかを考察する。分析から明らかになったことは、1950年代前半の「社会主義リアリズム」のドキュメンタリーにおける特異な時間意識をもとにした未来志向のユートピア的想像力が、1956年の「雪どけ」以後に現れた「黒いシリーズ」と呼ばれるドキュメンタリーにおいては、言わば「ポスト・ユートピア的」とでも言いうるような別の現実認識のありかたに取って代わられたということである。これら二種類の映画のありかたの違いは、単なる体制側のプロパガンダと反体制側による真実の暴露といったような、単純な政治的対立図式で理解できるようなものではない。むしろそれは、社会主義のユートピア的想像力における意識や知覚のありかたの変容をしるしづけていたのである。結論として本論は、一枚岩の抑圧的体制と思われがちな社会主義体制のプロジェクトのなかに、実は多様な想像力や実践のありかたが存在していたのだということを示唆する。

How did the socialist utopian imagination affect the minds and thought of the people who lived in the former socialist Eastern Bloc? What kinds of idea and practice did it create? In answering these questions, this paper analyzes Polish documentary films in the 1950's, and considers how such films represented reality in socialist Poland in its relationship with this utopian imagination. In the era of socialist realism (1949-55), documentary films triumphantly depicted reality in Poland as that destined to become the model of the future socialist utopian society. But such representation dramatically changed when a great socio-cultural change occurred in 1956, the socalled "Thaw." Then, new documentary films in the "Black Series" (Czarna Seria) which appeared with the Thaw depicted reality as disillusionment with the regime's utopian projects. From an analysis of films, this paper argues that these two kinds of film marked two different perceptions of reality, that of the utopian imagination and of the post-utopian imagination. Such a difference implies that within socialist projects in the Eastern Bloc, which is normally regarded as a monolithic "totalitarianism," there existed various imaginative possibilities which were in conflict with each other.

Journal

  • Kansai Sociological Review

    Kansai Sociological Review 9(0), 113-125, 2010

    Kansai Sociological Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009486237
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11666921
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1347-4057
  • NDL Article ID
    10750183
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-H426
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top