ボランタリー・ケアラーは誰なのか? : ボランティア的行為における"K"パターンの再検証 Who are Voluntary Carers? : A Reexamination of the "K" Pattern in Volunteering

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の目的は、家族やケア専門職としてではなく、ボランティアとして要援助者をケアする人、すなわちボランタリー・ケアラーはいかなる人々かを明らかにすることである。鈴木(1987)は、「ボランティア的行為」は、上位階層による「ボランティア活動部分」(Vパターン)と下位階層による「相互扶助的行為部分」(Λパターン)の合成によって成立するとする階層的二相性(Kパターン)論を提示した。階層的二相性論はボランティア的行為と社会階層の関連を示した重要な知見として知られているが、十分に検討されているとはいいがたい。また、現代の、広い地域に住む人々を対象にしたときに当てはまる理論であるのか定かでない。そこで本稿では、2010年の全国調査データを用いてKパターンの再検証を試みる。その際、(1)多変量解析によってKパターンが確認されるか、(2)「相互扶助的行為部分」の担い手はいかなる人々であるか、という2点に着眼する。分析の結果、第1に、ボランティア的行為と社会階層との関連において、Λパターン(下層一相性)の傾向がみられること、第2に、「相互扶助的行為部分」と考えられるボランティア的行為は、低収入層、低学歴層、女性、高齢層、長期地域居住者に担われていることが明らかになった。これらの知見から、地域共同体に根づいて暮らす下位階層の人々が、ボランタリー・ケアラーとして重要な役割を果たしていることが示唆された。

This paper examines the relationship between social stratification and volunteering in Japan. Suzuki (1987) defined volunteering without using "borantia" (a Japanese word adopted from "volunteer") as "caring for people who need aid". He did so because "borantia" has a tendency to be imaged as voluntary actions by elites. Using this definition of volunteering, his research found the "K" pattern indicating that people with highter or lower socioecomic status tend to volunteer more often than middle class. His interpretation was that the K pattern was synthesized from the V pattern (charity by people who have highter socioeconomic status) and the Λ pattern (mutual aid by people who have lower socioeconomic status). His finding is important, but it has not yet been fully explored. This paper therefore reexamines whether the K pattern will be found using a variable such as Suzuki's definition with recent data from a nationwide survey in Japan. The findings are as follows: (1) The relationship between social stratification and volunteering is Λ pattern, indicating that low-income people and less educated people tend to volunteer; and (2) in addition, women, seniors and long-term residents also tend to volunteer, which they are thought to do as a form of mutual aid. These results suggest that long-term residents who live in a lower social stratification play important roles as voluntary carers together with family members and professional caregivers.

収録刊行物

  • フォーラム現代社会学

    フォーラム現代社会学 11(0), 29-40, 2012

    関西社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009486259
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11666921
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1347-4057
  • NDL 記事登録ID
    023851070
  • NDL 請求記号
    Z71-H426
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ