NTMobileにおけるDNS実装の変更が不要なデータベース型端末情報管理手法の検討 Node Information Management Method by Database without Modifying DNS in NTMobile

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

端末が接続するネットワーク環境にかかわらず通信開始を保証する通信接続性や,移動してネットワークが切り替わっても通信が継続できる移動透過性への需要が高まっている.我々は, IPv4/IPv6 ネットワークが混在する環境においてアドレス空間やアドレス体系に依存しない通信接続性と移動透過性を実現する NTMobile (Network Traversal with Mobility) を提案している.現状の NTMobile では端末情報の収集と管理を既存の DNS に依存する方法をとっており,通信開始時の情報収集における確実性や情報管理の柔軟性に欠けるという課題があった.そこで本稿では,情報管理を DNS の仕組みに依存する方法からデータベースを利用する方法へ移行し,情報収集方法も変更することにより課題を解決する手法を提案する.また,提案手法の実装を行い,動作検証を行ったので報告する.There is a growing demand for connectivity that ensures the start of communication, regardless of the network environment, and mobility that can continue the communication even if the node switchs its network. We have been proposing Network Traversal with Mobility (NTMobile) that can provide connectivity and mobility in IPv4 and IPv6 networks. In current NTMobile, the collection and management of node information depends on the existing DNS mechanism, that leads to poor flexibility and reliability. In this paper, database mechanism is introduced on behalf of the DNS mechanism to improve the system. we have implemented the proposed method and verified the operation.

収録刊行物

  • 研究報告 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)

    研究報告 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 2012-MBL-64(6), 1-8, 2012-11-08

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009486380
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11851388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ