NTMobileにおける一般SIP端末との通信確立手法 Method for establish communication with SIP Terminal in NTMobile

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

マルチメディア通信で近年頻繁に利用される SIP (Session Initiation Protocol) は,メッセージ内に IP アドレスを記述するため,通信経路上に NAT (Network Address Translation) のようなアドレス変換装置があると利用できない.我々は,あらゆるネットワーク環境での接続性を可能とする NTMobile (Network Traversal with Mobility) を提案している. NTMobile では,あらゆるケースにおける接続性を実現するため,通信パケットの中継を行う RS (Relay Server) と呼ぶ機器が存在する.本稿では, RS が端末の利用するポート番号を割り当てを行うことにより, NTMobile において一般 SIP 端末との通信が可能になる手法について提案する.SIP is widely used as the signaling protocol for multimedia communication. However, SIP cannot traverse NAT because it contains IP addresses in message body of IP packets. We have been proposing NTMobile (Network Traversal with Mobility) that can prove connectivity in every network environments. NTMobile has the convenient device called RS (Relay Server) that relays packets when end to end communication is difficult. In this paper, we propose the SIP communication method that can traverse NAT between an NTMobile node and a general SIP node. The proposed method uses modified RS that has the allocation function of port numbers of the NTM node.

収録刊行物

  • 研究報告 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)

    研究報告 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL) 2012-MBL-64(7), 1-7, 2012-11-08

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009486381
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11851388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ