青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 -  [in Japanese] A Study of the Heterosexual Romantic Relationships and Sexual Behaviors in Adolescence (3)- The Experience of the Unfaithful Love of University Students and their Unfaithful Love Behaviors -  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,青年期における恋愛と性行動に関する調査研究である。本研究では,まず,現代青年の浮気経験,性経験を明らかにする。その後,浮気経験者への調査により,浮気関係,浮気行動の内容を明らかにする。被験者は,大学生・短大生400 名(男性195 名,女性205 名,平均年齢19.09歳)であった。そのうち,浮気経験者は52 名(男性22 名,女性30 名)であった。調査の結果,現代青年において浮気経験率は全体の13.0%,恋愛経験者における浮気経験率は17.4%であった。性差はみられなかった。また,性経験率は全体で40.5%であった。浮気行動を分析したところ,浮気関係では性的な関係を持つものが多く,浮気相手は同年齢が多かった。浮気の主な理由は,男性では「性的欲求を満たすため」が多く,女性では「相手の魅力」が多かった。浮気回数は,男女ともに1,2 回が多く,浮気が終わった理由は,女性では「恋人への罪悪感」が最も多かった。

Journal

  • Journal of business administration and information, Setsunan University

    Journal of business administration and information, Setsunan University 19(2), 19-36, 2012-02

    Setsunan University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009488109
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1043902X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13402617
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top