インフレーションが社債や株式の信用力に与える影響に関する研究  [in Japanese] On the influence of inflation on the credit of the corporate bond and equity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,各個別企業ごとにデフォルトリスクを導出し, 2003 年から 2011 年の日本債券・株式市場においてインフレ率とデフォルトリスクの短期および長期的な関係性を,グレンジャー因果性検定を用いて分析する.各個別企業のデフォルトリスクとしては,企業の負債である社債のデータから導出されるハザードレートと,企業の資本である株式のデータから推定されるデフォルト確率の 2 つを用いる.また,デフォルトリスク (ハザードレートおよびデフォルト確率) のインフレに対する感応度は企業の負債比率の大きさによりどのように異なるかを分析する.In this research, we give default risk to each company and analyze the short or long term relationship between inflation and default risk of each company using Granger causality test in Japanese stock and bonds markets in the period from 2003 to 2011. As a default risk, we adopt the hazard rate which is derived from the equity and the default probability which is derived from the bonds. Moreover, we analyze whether companies with a high debt ratio significantly reduce each default risk (hazard rate and default probability) by inflation.

Journal

  • 研究報告バイオ情報学(BIO)

    研究報告バイオ情報学(BIO) 2012-BIO-32(40), 1-4, 2012-11-29

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009488585
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12055912
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top