鉄道線路保守計画の最適化システム  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

バラスト軌道上を列車が繰り返し通過すると,列車荷重により道床バラストや路盤が変形するために,軌道面の不整が徐々に大きくなる.この不整が大きくなると,列車の走行安全性や乗り心地が悪化するため,限られた軌道保守費や保守用機械などの資源を有効に活用して軌道を保守し,適切な状態を維持していくことが重要である.本稿では,このような効率的な保守の実現を支援するために開発し,実用されている軌道狂い保守計画支援システムを紹介する.

Journal

  • [O]perations research as a management science [r]esearch

    [O]perations research as a management science [r]esearch 57(8), 427-432, 2012-08-01

    The Operations Research Society of Japan

References:  5

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009489980
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00364999
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL Article ID
    023918528
  • NDL Call No.
    Z4-108
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top