災害と情報 : 情報技術の向上と災害時の情報伝達の変化(<特集>災害と情報)  [in Japanese] Change of disaster information transmission method according to the innovation of information media(<Special feature>Disaster and information)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

東日本大震災はソーシャルメディア等新しいメディアの活躍の目立った災害であるとされる。他方,正常化の偏見仮説やオルポート&ポストマンの流言の公式等,災害情報学の従来の知見が当て嵌まる事例が多かったが,そのことへの新聞等での言及は少ない。これは新しいメディアに注目が集まったためであろう。その点から考えると,情報技術の進展が人々の意識や行動を変えるわけではないといえる。他方,インターネット革命が,相互監視的な情報環境に身を晒すことに馴れさせる等,我々の意識を根底から変える可能性そのものは否定できない。これは個人の自律性の確保の面で問題はあるが,防災の面からいうとメリットも大きい。今回の震災はソーシャルメディアと既存メディアの連携が注目された災害といわれるが,非常時と平時とをいかに分けるか,さらに連携のなかでどう棲み分けていくかという課題が前面に出た災害であるといえよう。

The 2011 Tohoku earthquake and tsunami has been considered as the disaster which flashes the roles of social media such as twitter, Ustream. Some findings of disaster information studies, such as the theory of normalcy bias and the formula of rumor by Gordon W. Allport and Leo Postman, can give a good explanation about information transmission of this earthquake. But most of the articles of Japanese newspapers do not refer to these theories. Probably the spotlight to the roles of social media hides the presence of these theories. Social media have been said to be interactive. But interactive communication tends to lead to intersurveillance. Internet Revolution brings up 'Panopticon' of Michel Foucalt. But intersurveillance is useful for rescue from earthquakes and tsunamis. So it is important for us to discern the age of emergency from usual age.

Journal

  • The Journal of Information Science and Technology Association

    The Journal of Information Science and Technology Association 62(9), 364-371, 2012

    Information Science and Technology Association, Japan

References:  43

  • 情報を的確に伝えるために-コミュニケーションの基礎モデルと牛の粗飼料問題-

    後藤嘉宏

    Dairy Japan 2011年10月臨時増刊, 145-158, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    小林啓倫

    災害とソーシャルメディア, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    竹内郁郎

    メディア・コミュニケーション論 I, 132, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    青木理

    メディアの罠, 40-41, 2012

    Cited by (1)

  • <no title>

    荻上チキ

    検証・東日本大震災の流言・デマ

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 84, 90, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    朝日新聞 3月14日, 33, 2012

    Cited by (1)

  • <no title>

    ALLPORT G. W.

    デマの心理学 42, 1952

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 219, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    遠藤薫

    大震災後の社会学 242, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    長尾真

    書物と映像の未来 178, 2010

    Cited by (1)

  • <no title>

    ジョン・キム

    逆パノプティコン社会の到来, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    FOUCALT Michel

    監獄の誕生, 1977

    Cited by (1)

  • <no title>

    重田園江

    ミシェル・フーコー 119, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    津田大介

    Twitter 社会論, 2009

    Cited by (1)

  • <no title>

    武田徹

    原発報道とメディア 119, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    MEYROWITZ Joshua

    場所感の喪失 上, 2003

    Cited by (1)

  • <no title>

    中井正一

    思想的危機における芸術並びにその動向, 1932

    Cited by (1)

  • <no title>

    MCLUHAN Herbert Marshall

    メディア論, 1987

    Cited by (1)

  • <no title>

    http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201101130026.html

    Cited by (1)

  • <no title>

    東浩紀

    一般意志2.0-ルソー, フロイト, グーグル 82, 136, 167, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害, 28-30, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 271, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    遠藤薫

    大震災後の社会学 257, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 223, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 48, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    寺田寅彦

    寺田寅彦随筆集 5, 56, 1948

    Cited by (1)

  • <no title>

    前田陽二

    国民ID制度が日本を救う 94, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    前田陽二

    国民ID制度が日本を救う 3, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    遠藤薫

    大震災後の社会学 28, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    遠藤薫

    大震災後の社会学 285, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 261, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    津田

    朝日新聞 3月14日, 2012

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 273, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    東浩紀

    一般意志2.0-ルソー, フロイト, グーグル 146, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    コンピュータテクノロジー編集部

    IT時代の震災と核被害 112, 2011

    Cited by (1)

  • 混ぜればゴミ 分ければ資料

    後藤嘉宏

    図書館情報大学図書館報 11(2), 7, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    池田純一

    ウェブ×ソーシャル×アメリカ <全球時代> の構想力 287, 2011

    Cited by (1)

  • <no title>

    三木清

    三木清全集 8, 1967

    Cited by (1)

  • <no title>

    三木清

    三木清全集 1, 1-191, 1966

    Cited by (1)

  • <no title>

    重田園江

    ミシェル・フーコー, 190-191, 2011

    Cited by (1)

  • The thought of legal deposit system and Masakazu NAKAI(<Special feature> Perspective on National Libraries)  [in Japanese]

    GOTO Yoshihiro

    The Journal of Information Science and Technology Association 57(11), 519-525, 2007

    IR  J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Method of Study on Materials  [in Japanese]

    Oba Haruo , Goto Yoshihiro

    Research report of University of Library and Information Science 16(1), 17-53, 1997-09-30

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009496227
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10005857
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL Article ID
    023891530
  • NDL Call No.
    Z21-144
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top