「在奉天 時局研究会」の「満蒙問題の根本的解決策に関する考察」(昭和2年6月付) : その執筆者を問う A Japanese language pamphlet (dating June 1927) by a "Present Affairs Study Group at Mukden" proposing Japan-centered "radical solutions" to the so-called Manchuria & Mongolia problem : who wrote this paper anyway?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University

    尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University 14, 93-134, 2012-06-30

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009500269
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13497049
  • NDL 記事登録ID
    024111195
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ