TLIFESにおける省電力化を目的とした位置測位手法の提案と実装 Proposal and Implementation of a Positioning Method for the Purpose of Power Saving in TLIFES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

我々はスマートフォンの GPS や加速度センサを利用することにより,住民の生活を支援するシステム TLIFES (Total LIFE Support system) を提案している.しかし, TLIFES では消費電力の高い GPS などのセンサを利用しており,稼働時間の短さが課題となっている.そこで,本稿ではセンサから得られる情報を元に, GPS による位置測位に最適な状況かどうかを判別する. GPS による位置測位に最適でないと判断した場合は位置測位を中止することにより,消費電力を低減する手法を提案する.提案手法を TLIFES に適用した結果,省電力化を実現し,移動経路の把握が同時に実現可能になった.We have been proposing the system, so called TLIFES (Total LIFE Supprt system), which supports the lives of residents utilizing smartphoens. However, TLIFES has the problem of high power consumption because it uses GPS as the key component. In this paper, we propose the power saving method by judging that GPS should be used or not from other sensing information. As the result of the implementation, it is confirmed that the proposed method can save power consumption efficiently in TLIFES.

収録刊行物

  • 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN)

    研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) 2013-GN-86(13), 1-6, 2013-01-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009509283
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155524X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ