手話会話に対するマルチモーダル分析 : 手話三人会話の二つの事例分析から Multimodal Analysis for Sign Language Conversation : From Two Case Studies on Three Party Conversations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,手話を言語として社会に認知させようとする「言語中心的な手話研究から」,手話が日常場面でどのように用いられているかに焦点を当てた「コミュニケーション論的な手話研究」へのパラダイムシフトを試みるものである.本論文では,ろう者に対する言語教育や社会福祉的な問題は議論せず,手話会話とは一体どういったものであるかを明示する.また,ジェスチャー研究のジェスチャー単位の考え方と会話分析のトランスクリプションの考え方を融合させ,手話会話に含まれる視覚的な情報を書き起こす手法を紹介する.この手法を用いることにより,例えば従来観察することが難しかった手話の動きの生成と表情や口の動きの生成のタイミング分析や(ジェスチャー研究の視点),手話の動きの生成開始点を含んだ手話会話のオーバーラップ分析など(会話分析の視点)が可能になると予想される.本論文では,詳細な会話資料のトランスクリプションとアノテーションの方法を説明したのち,順番交替と発話の重複に関わる二つの事例分析を紹介し,手話会話に対するマルチモーダル分析の有用性について議論する.本研究の試みが徐々に世の中に広まることで,日本社会全体の手話に対する理解が深まり,手話を知る・ろう者を知る機会が増えることを期待している.

This study introduces the reasoning behind a proposed paradigm change in sign-language studies that shifts attention from language-centered research focused on grammar and syntax to communication-centered research focused on the use of language in daily life. This paper does not address social issues related to deaf education and disability services, but rather clarifies how native signers communicate with one another during conversations. I will attempt to integrate methodologies derived from gesture studies (e.g., the concept of a gesture unit) and conversation analysis (e.g., the concept of a turn-taking system) to develop a new multimodal methodology for the analysis of sign-language conversations. I expect this methodology to contribute to areas such as the investigations of the synchronicity between the signing of words and the performance of mouth movements, and the mechanisms underpinning overlap in sign-language conversations. After presenting a detailed explanation of the transcription and annotation of the data obtained in sign-language conversations, I will introduce two case studies related to turn-taking and overlap in conversation. I also anticipate that this approach will motivate individuals without previous exposure to deaf people and sign language to become more familiar with both.

収録刊行物

  • 社会言語科学

    社会言語科学 13(2), 20-31, 2011

    社会言語科学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 手話会話における修復組織の分析

    菊地 浩平 , 坊農 真弓 , 大塚 和弘

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 110(459), 61-65, 2011-02-28

    参考文献8件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009509323
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11510423
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1344-3909
  • NDL 記事登録ID
    11076301
  • NDL 雑誌分類
    ZK21(言語・文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-B985
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ