複数の焦点のある相互行為場面における活動の割り込みの分析(<特集>相互作用のマルチモーダル分析) An Analysis of Activity Interruption in Multi-focused Interaction(<Special Issue>Multimodal Interaction Analysis)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,複数の活動が並行している状況において,一方のグループから他方への活動の割り込みが生じた場面を対象とした事例分析を行う.分析の結果,1.割り込みのためのポインティングなどの装置の使用によって,割り込まれる活動にとっての「周辺性」が利用される,2.割り込みの際,割り込まれる側の活動の文脈は必ずしも重視されているとはいえず,割り込む側の活動の文脈も視野に入れることが重要である,3.割り込み活動の開始後,両グループのすべての参与者がこの活動に全面的に関与するわけではなく,割り込み前の活動の継続や,割り込み活動からの素早い離脱と元の活動への復帰が見られる,ということが明らかになる.最後に,Goffmanの諸概念を用い,これらの知見の理論的な意義について議論する.

This study focuses on situations in which multiple groups performed activities in parallel and analyzes scenes of interruption from one group to the other. Multimodal analysis revealed that: 1. Devices for interruption, such as pointing, utilize the "periphery" of an interrupted group, 2. It is important to take into consideration the activity context of not only the interrupted group, but also of the interrupting group, 3. During an interruptive activity, not all participants of both groups are necessarily involved in this activity exclusively, but each of them can allocate his/her involvement momentarily to multiple parallel activities, for instance, continuing the previous activity, or withdrawing from the interruptive activity rapidly and restarting the original one. The theoretical significance of these findings is discussed in terms of concepts advocated by Erving Goffman.

収録刊行物

  • 社会言語科学

    社会言語科学 14(1), 48-60, 2011

    社会言語科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009509339
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11510423
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1344-3909
  • NDL 記事登録ID
    023489851
  • NDL 請求記号
    Z71-B985
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ