NTMobileにおける移動透過性の実現と実装 Realization and Implementation of IP Mobility in NTMobile

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年の無線端末は複数の無線インタフェースを実装しており,ネットワークにアクセスする際にインタフェースを切り替えて利用可能である.移動透過技術とはアクセスネットワークが切り替えられた場合にも通信を継続可能な技術である.既存の移動透過技術に関する多くの研究では,IPv6ネットワークを想定しており,IPv4ネットワークは十分には検討されていない.著者らは,移動透過性とNAT越え問題の解決を同時に実現するNTMobile(Network Traversal with Mobility)を提案してきた.本稿では,NTMobileにおいて,仮想IPアドレスの採用とエンド端末間でトンネル構築を行うことにより,グローバルIPアドレスを用いるネットワークおよびプライベートIPアドレスを用いるネットワークにおいて,移動透過性の実現方法の詳細と実装方法について提案する.NTMobileでは,アプリケーションが仮想IPアドレスを利用することにより,ネットワーク切替えにともなう物理IPアドレスの変化時にも通信を継続可能である.また,NTMobileの実装では,高いスループット性能を獲得するために,IPデータグラムの操作に関する実装をLinuxのカーネルモジュールとして実現している.Recent wireless terminals usually have multiple wireless interfaces, and can switch them to access networks. IP mobility is the technologies that can keep communication when access networks are switched. Most of conventional studies about IP mobility focus on IPv6 networks and those about IPv4 networks are quite few. The Authors have been proposing Network Traversal with Mobility (NTMobile) that can achieve IP mobility and solving the NAT Traversal problem at the same time. In this paper, we will propose the detail of mobility mechanisms and implementation of NTMobile that can achieve IP mobility in global IP networks and private IP networks by introducing virtual IP addresses and constructing tunnels between end terminals. In NTMobile, applications use virtual IP addresses to achieve continuous communication when physical IP addresses change due to switching of networks. We have implemented the packet manipulation mechanisms in Linux kernel module to achieve high throughput performance.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 54(1), 380-393, 2013-01-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009511461
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024213448
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ