NTMobileにおける自律的経路最適化の提案 A Proposal of Autonomous Route Optimization in NTMobile

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

モバイルネットワークの普及により,どのようなネットワーク環境においても通信の開始が可能な通信接続性と,通信しながらネットワークの切替えが可能な移動透過性が求められている.我々は,通信接続性と移動透過性を同時に実現するNTMobile(Network Traversal with Mobility)を提案している.NTMobileでは通信を行う両エンド端末がともにIPv4のNAT配下に存在する場合には,リレーサーバを経由する通信経路を構築する.IPv4ネットワークでは,端末はNAT配下に存在することが多いため,中継機器の負荷増大,および冗長な経路によるスループットの低下が生ずる.そこで,本論文ではNTMobileにおいて,両エンド端末がNAT配下に存在していても,端末間で直接通信可能であれば自律的に最適経路に切り替える手法を提案する.提案方式をLinuxに実装し,従来のNTMobileと比べてスループットが向上することを確認した.With the spread of mobile networks, connectivity which the beginning of communication is possible between any kinds of networks, and mobility which the switching of networks is possible during communication become quite important matters. We have been proposing NTMobile (Network Traversal with Mobility) that can achieve both connectivity and mobility at the same time. However, in NTMobile, if both end terminals exist behind NATs, they definitely create the route via a Relay Server, which impose excessive loads on the Relay Servers and networks. In this paper, we propose autonomous route optimization in NTMobile when there exists an optimized route. We have implemented the proposed system and confirmed its effectiveness.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 54(1), 394-403, 2013-01-15

    情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009511462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024213449
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ