ボランティア活動への参加によって学生の学習がどう異なるのか : 全国大学生調査の分析から Participating in Volunteer Activities and Student Learning : Through the Analysis of Students Survey

この論文をさがす

著者

    • 河井 亨 Kawai Toru
    • 京都大学大学院教育学研究科:日本学術振興会 Graduate School of Education, Kyoto University:Japan Society for the Promotion of Science

抄録

本研究では、京都大学高等教育研究開発推進センターと公益財団法人電通育英会が共同実施している全国調査『大学生のキャリア意識調査2010』の分析を通じて、ボランティア活動への参加によって学生の学習がどのように異なるのかを明らかにすることを目的とする。大学入学前後のボランティア活動への参加の有無から4グループを作成して分析1を行い、大学入学後のボランティア活動への参加の程度から3グループを作成して分析2を行う。分析1・2において、大学生活の過ごし方、充実感、知識・技能の習得、授業外実践コミュニティとラーニング・ブリッジング、そして2つのライフについて、各グループを検討する。まず分析1では、大学入学前後ともにボランティア活動に参加したことがある学生グループと大学入学前は参加していなかったが入学後に参加した学生グループが、学生の学習に関する検討項目で高い得点を示した。そして分析2では、より多くボランティア活動に参加していた学生グループが、学生の学習に関する検討項目で高い得点を示した。大学入学前後でのボランティア活動に参加し、かつ参加を継続することが、学生の学習に結びつくことが明らかになった。そして、より多く参加することが知識・技能の習得さらには領有につながることが明らかになった。こうした結果から、少なくとも、より多くかつ充実したボランティア活動の機会さらにはサービス・ラーニングの機会を学生に開いていくことが、今後の大学教育にとって重要であると考えることができる。

The purpose of this article is to investigate how students develop through participating in volunteer activities. To determine the effect of volunteer activities on learning, we administered The Career Development Survey 2010 in which 2,362 students (1,036 male and 1,326 female) from all over Japan participated. In the first analysis, we classified the participants into four groups from the viewpoint of whether or not they had participated in volunteer activities before or after entering college. In second analysis we classified students into three groups based on how they participated in those activities. In both analyses, I examined how each group of students feels about campus life, daily satisfaction, acquisition of knowledge and skills, communities of practice and "learning bridging", and future orientation. The results show that students who have participated in volunteer activities before and/or after entering college are engaged in well-balanced activities, and scored significantly higher than the other groups regarding daily satisfaction, out-of-class study, and acquisition of knowledge and skills. Learning through participation in volunteer activities enables deeper acquisition of knowledge and greater development of future orientation. For higher education, it is important that students are able to access the opportunities of broad and enriching service-learning.

収録刊行物

  • ボランティア学研究

    ボランティア学研究 12, 91-102, 2012

    国際ボランティア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009517491
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11514082
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-9511
  • NDL 記事登録ID
    024163586
  • NDL 請求記号
    Z71-E945
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ