九州地方における「天国」の受容史 : 宗教差,地域差,場面差 The Influence of Religion, Region and Situation on the Acceptance of the Term Tengoku (Paradise or Heaven) in the Kyushu Region of Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

九州地方における「天国」の受容の程度を明らかにするため,九州地方全域300地点において現地調査を行った。調査によって得られた資料から言語地図を描き,考察を行ったところ,「天国」の受容には,宗教差,地域差,場面差のあることが分かった。宗教差については,カトリックと神道の信徒が「天国」を受容しているのに対し,浄土真宗の信徒は「天国」を受容しない傾向がある。彼らは仏教語である「浄土」を持つゆえに,「天国」を受容しない傾向をみせたと推測される。地域差については,宮崎・鹿児島では「天国」の受容が進んでいるのに対し,長崎では遅れている。場面差については,大人が子どもに話しかける場面では「天国」が使用されやすいのに対し,仏教色の強い場面では「天国」が使用されにくい。

A geolinguistic survey was conducted at 300 locations in the Kyushu region of Japan to measure acceptance of the term tengoku. From the survey results a linguistic map of the usage of tengoku was constructed and used to analyze the influence of differences in religion, region, interlocutors and situation. The following things were revealed. 1. Catholics and adherents of Shinto tend to accept tengoku more than the believers of other religions. 2. Adherents of the Jodo-shin-shu sects of Buddhism tend to accept tengoku less than the believers of other religions. The reason for this is that they have original Buddhist terms, such as Jodo, with meanings equivalent to 'paradise' or 'heaven'. 3. Tengoku is more accepted in Miyazaki and Kagoshima prefectures, on the other hand, less accepted in Nagasaki prefecture. 4. Tengoku tends to be used when people speak to children, but not when speaking in a Buddhist temple.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 8(2), 1-14, 2012

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009517516
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    023637242
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ