コミュニケーションロボットによる道案内 : ジェスチヤの有用性と発話タイミングのモデル化  [in Japanese] Giving Route Directions from Communication Robot : Gesture's Effect and Modeling of Utterance Timing  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 志和 敏之 SHIWA Toshiyuki
    • 慶應義塾大学理工学研究科開放環境科学専攻 School of Science for Open and Environmental Systems, Keio University
    • 奥野 佑将 OKUNO Yusuke
    • 慶應義塾大学理工学研究科開放環境科学専攻 School of Science for Open and Environmental Systems, Keio University
    • 今井 倫太 IMAI Michita
    • 慶應義塾大学理工学研究科開放環境科学専攻 School of Science for Open and Environmental Systems, Keio University
    • 石黒 浩 ISHIGURO Hiroshi
    • (株)国際電気通信木曽技術研究所知能ロボティクス研究所 ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratory
    • 萩田 紀博 HAGITA Norihiro
    • (株)国際電気通信木曽技術研究所知能ロボティクス研究所 ATR Intelligent Robotics and Communication Laboratory

Abstract

コミュニケーションロボットの活用方法として,日常生活内における,普通の会話によって情報を得ることのできる,ある種の情報端末としての役割を期待する.そのようなロボットが人間の生活環境に進出していくとき,ロボットには人間を道案内する能力が必要になると考える.そこで本論文では,ロボットが道案内を行うために,どのようにロボットをデザインすればよいか,という点をジェスチャの有無と発話のタイミングから考える.最初の実験から,指差しのような,その情報が発話内容に包含されるロボットのジェスチャと,「聞き手モデル」によるロボットの発話のタイミングが道案内において有用であることが分かった.また,2番目の実験では,その「聞き手モデル」が,ランドマークの種類に影響されず,道案内の回数のみを変数とする式でモデル化できることが分かった.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion)

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(10), 1818-1828, 2012-10-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009517641
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    024023005
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top