健康格差問題と社会政策(<特集>健康のための社会政策) Health Inequalities and Social Policy

この論文にアクセスする

著者

抄録

小論の目的は,(1)健康格差と,(2)健康格差が生まれる経路に関する文献をレビューし,(3)社会政策の必要性と海外における事例を検討することである。社会疫学研究によって,(1)日本においても健康における社会経済的な格差があること,(2)社会経済格差拡大や介在要因としての社会的サポートやソーシャル・キャピタルのような「健康の社会的決定要因」から健康に至る複雑な影響経路が明らかにされてきた。(3)健康格差の縮小策として期待されるものにも,個人レベルと社会レベルのものとがあり,後者として社会政策は重要である。社会経済格差の是正やコミュニティのソーシャル・キャピタルを豊かにすることなどが必要である。海外での取り組み事例に学ぶと,教育,労働,所得保障政策など広い範囲の社会政策が健康政策になることがわかる。(a)上流にある根本的な原因へのアプローチ,(b)すべての政策において健康を考える,(c)環境への介入,という3つの考え方が根底にある。

The purposes of this paper are to (1) review findings on health inequalities, (2) examine pathways from social disparities to health inequalities, and (3) examine the importance of social policy and examples in other countries. Social epidemiological research (1) has described socioeconomic inequalities related to health in Japan and (2) has revealed both the complex pathways of widening socioeconomic disparities that mediate health, and the social determinants of health such as social support and/or social capital. (3) Promising measures to reduce health inequalities also include both individual and societal level interventions. As a societal level measure, social policy is important for reducing socio-economic disparities and enriching social capital. When we learn from the experiences in other countries, we find that broad social policies regarding education, employment, and social security policy can be health-related policies. We have recognized the following three basic ideas, including (a) adopting approaches to deal with upstream factors in the chain of causal relationships, (b) considering Health in All Policies (WHO), and (3) environmental interventions.

収録刊行物

  • 社会政策

    社会政策 4(2), 41-52, 2012

    社会政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009517697
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-1850
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ