QRNL-TM-4017が問いかける残留放射線の人体影響(<特集>東北大震災と関連現象の統計的評価) Human Body Influence of the Residual Radiation which ORNL-TM-4017 Asks(<Special Section>Statistical Evaluation of Tohoku Great Earthquake Disaster and Some Related Topics)

この論文をさがす

著者

抄録

ORNL-TM-4017は1972年にオークリッジ国立研究所で作成されたテクニカルレポートである.黒い雨を浴びた被爆者について,急性症状を分析し,対照群と比較した.黒い雨を浴びた群では発熱,下痢,脱毛などの急性症状が高率に認められた,と報告している.2011年3月11日,福島第一原発事故が発生.放射能汚染の恐怖が日本中を覆う中,QRNL-TM-4017は偶然インターネット上から発見される.放射線影響研究所(放影研)はオリジナルデータから再現を試み,集計上の誤りを指摘した.しかし,同時に,放影研が13,000件を超える被爆者の黒い雨データを保有している事実が明らかとなった.

ORNL-TM-4017 was coauthored in 1972 at Oak Ridge National Laboratory. This paper analyzed acute symptoms with respect to A-bomb survivors. It reported high incidence of such acute symptoms as fever, diarrhea, and epilation among the group that experienced black rain. The Radiation Effects Research Foundation (RERF) attempted to reproduce the results based on the original data, and discovered that calculations were in error. Simultaneously, however, it was revealed that RERF is holding black-rain data on over 13,000 survivors of exposure.

収録刊行物

  • 日本統計学会誌. シリーズJ

    日本統計学会誌. シリーズJ 42(1), 103-117, 2012

    日本統計学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009543881
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11989749
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895602
  • NDL 記事登録ID
    024034846
  • NDL 請求記号
    Z3-1003
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ