適用事例から見るXMLデータベースの活用メリット(<特集>データベース構築の今) An examination of the application of XML database based on a case study(<Special feature>Database design and construction)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 服部 雅一 HATTORI Masakazu
    • 東芝ソリューション(株)プラットフォームソリューション事業部 Toshiba Solutions Corp. Platform Solutions Div.
    • 谷川 均 TANIGAWA Hitoshi
    • 東芝ソリューション(株)プラットフォームソリューション事業部 Toshiba Solutions Corp. Platform Solutions Div.
    • 近藤 雄二 KONDO Yuji
    • 東芝ソリューション(株)プラットフォームソリューション事業部 Toshiba Solutions Corp. Platform Solutions Div.

抄録

電子政府をはじめとして,電子取引,事務データ,新聞記事など様々なデータを汎用的に表現する仕組みとして,データ構造の柔軟性を特長とするXML(eXtensible Markup Language)の活用が進んでいる。企業内においても,XMLの活用範囲が広がるにつれ,XMLデータをそのままの形式で管理し利活用したいというニーズが高まっている。そのニーズに対応できるのが「XMLデータベース(XMLDB)」である。本稿では,XMLが持つ高い柔軟性を活かしたXMLDBについての基本思想や操作方法を述べるとともに,ドキュメント管理アプリケーション開発の事例を通してXMLDB活用のメリットについて議論する。

XML is one of the most widely-used formats which expresses various data universally for electronic-government, electronic commerce, office work data, newspaper article and so on. As XML applications spread out, the need to manage XML data in its native format increases in enterprise environments. It is an XML database to satisfy the needs. In this report, we speak basic thought and operation method about an XML database with the flexibility inherent in XML. And, we argue about a merit of the XML database utilization through examples of the document management application development.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 62(11), 466-472, 2012

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009544495
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    024060527
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ