クラウドを使用した静岡大学附属図書館のシステム構築 Practical approaches to the cloud at Shizuoka University Library

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クラウドコンピューティングの普及とともに,クラウドを使用した図書館向けサービスや,機関単位でのクラウド化の事例がみられるようになった。静岡大学では,プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方を活用した情報基盤の更新が行われ,附属図書館でも機関リポジトリや図書館業務システムなど,システムの全面パブリッククラウド化を達成した。その際,データの保全性を高めるためのバックアップや事業継続のためのリストア手順の確認を行った。クラウドによる効果はこれまでの機器・設備管理からの解放などがあげられる。一方,停電時の対応など,実際の運用を通して危機管理意識の重要性を再認識した。

With the growth of Cloud Computing, more and more companies are offering different cloud services for libraries, and libraries are adopting cloud-based library management services. Shizuoka University has renovated its information infrastructure and chosen to use both private and public cloud services. At the same time, Shizuoka University Library has driven all systems and services, including the academic repository and the management system, into the cloud. Backup and restore options have been carefully evaluated during the transition period. Cloud Computing releases us from hosting local servers and equipment and constantly dealing with hardware failures. When electricity went out because of a huge typhoon, we have realized how important it is to organize disaster plans.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 62(11), 478-483, 2012-11-01

    情報科学技術協会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009544497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    024060906
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ