アフィリエーションネットワークを用いた組織活動評価手法の提案と評価  [in Japanese] Evaluation Method of the Organization Activity Based on an Affiliation Network  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

組織活動において、組織の目指す目標やプロジェクトに応じて活動のコアとなるコミュニティは常に変化する。私たちはそれらのコミュニティから影響を受け、コミュニティに影響を与える関係にあり、ソーシャルネットワーク分析においては、個人とコミュニティの関係は無視することが出来ないと考えられる。しかし、従来、個人の活動のみに着目され、個人が織り成すコミュニティとの関係は考慮されていなかった。本論文では、「個人と組織の二重性」を考慮したモデルであるアフィリエーションネットワークを用いることで、個人と個人が所属するコミュニティ関係を踏まえた上で、ソーシャルネットワーク分析を行う方法を提案する。また、その手法を用いて、実在する組織の電子メール情報を使って提案手法の有用性を示す。

Communities in the organization are always changing by their business policy, performance or projects. There are situations where nodes are affected by communities and communities are also affected by nodes. Therefore, these situation cannot ignore in the social network analysis. In this paper, we apply Affiliation Network, which considers "duality of individuals and groups", on the analysis of the organization activity. And we propose the evaluation method based on an affiliation network. Using the real e-mail data of the organization, it is shown that our proposal method is effective for analyzing the social network.

Journal

  • IEICE technical report. Internet Architecture

    IEICE technical report. Internet Architecture 111(485), 317-322, 2012-03-08

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009545176
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11553608
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    023575157
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top