生物種間の配列類似性を利用した血友病第IX因子遺伝子の解析 Analysis of Factor IX in hemophilia using sequence similarity across species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

血友病 B は第 IX 因子遺伝子の突然変異によって引き起こされる.我々は,第 IX 因子遺伝子の突然変異のデータベースを用いて研究を行った.本研究では,生物種間のアミノ酸の配列類似性を使用し,重回帰分析とサポートベクターマシンを用いて突然変異の解析を行った.この結果,アミノ酸の配列類似性と第 IX 因子活性の関連が示唆された.Hemophilia B is caused by mutation in factor IX gene. We study the factor IX missense mutation database. We analyze the mutations using sequence similarity across species, and apply the multiple regression method and support vector machine. The results show the importance of similarities of amino acid sequences.

収録刊行物

  • 研究報告数理モデル化と問題解決(MPS)

    研究報告数理モデル化と問題解決(MPS) 2013-MPS-92(30), 1-2, 2013-02-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009550178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10505667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ