大学野球選手のストライクカウントにおける打撃成績とパフォーマンスに関する研究 A Study of Batting Performance and Batting Results in Strike Counts in College Baseball Players

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では打撃成績とストライクカウントが打撃結果に及ぼす影響を調査した。調査の対象は,関甲新学生野球連盟で2012年度に開催された春季リーグ戦,全32試合とした。打撃成績上位選手10名と下位選手10名を抽出し,抽出した選手の打撃結果から,安打数,打率,カウント別安打率を算出した。その後,それぞれについて打撃成績とストライクカウントを要因とする2要因の分散分析を行った。その結果,本研究で得られた結論は以下の通りであった。打撃成績上位者は打撃成績下位者に対して,安打数,打率において有意に良い成績を示した。安打数において,打撃成績上位者はストライクカウントが進むにつれて安打数が増加したのに対して,打撃成績下位者は1st.ストライクと比較して2nd.ストライク,3rd.ストライクの時の安打数が少ない傾向にあった。打率において,1st.ストライクと3rd.ストライクにおいてストライクカウントによる違いが認められた。This study investigates the effects of batting performance and strike counts on batting results. The object of the investigation is the Spring League (32 matches in total) held by the Kankoshin Student Baseball Federation in fiscal 2012. The top 10 and bottom 10 batters were selected, and then, the number of hits, hitting average, and number of hits by strike count were calculated for each player. Thereafter, a dispersion analysis of the effects of batting performance and strike counts on batting results was conducted. The conclusions of the study are as follows. The top 10 players showed significantly better results in number of hits and hitting performance than the bottom 10 players. The number of hits by the top 10 players increased with the strike count, while the number of hits by the bottom 10 players tended to decrease. With respect to hitting average, there was a significant difference between the first and third strikes.

収録刊行物

  • リベラル・アーツ = Liberal arts

    リベラル・アーツ = Liberal arts 7, 45-55, 2013-01-01

    岩手県立大学共通教育センター『リベラル・アーツ』編集委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009550246
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12209619
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    18816746
  • NDL 記事登録ID
    025737531
  • NDL 請求記号
    Z71-S616
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ