ロマン派音楽における非機能的和声の役割 浮遊和声と平行和音 Non-Functional Harmony in Romantic Period Music, Roving Harmony and Parallel Chords

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

古典派音楽と比較すると、ロマン派音楽の和声には機能的に把握できない一連の和音の動きが含まれることが多い。本稿では、その中からRoving Harmony(浮遊和声)とParallelChord(平行和音)を取り上げ、両者が機能和声に基づく長・短調システムからの離脱であり、調性に曖昧さや不確定性を与える「非機能的和声」としての性格をもつこと、さらに両者は機能和声との相関的関係において調性の確定度に関与し、ロマン派音楽における調性の4 つの局面、すなわち「安定」「不安定(流動的)」「曖昧」「不確定」の状態をもたらすために必要不可欠な要素であることを明らかにする。また、この調性の4 つの局面が「夢と愛」に集約されるロマン主義の理念とどのように関連するかについても概説する。

Compared with Classical Period, the harmony of Romantic Period Music is not clearlyable to understand only from the view of the theory of functional harmony. In thisarticle the author will deal with the Roving Harmony, which Arnold Schoenbergpointed out in his book, Structural Functions of Harmony, and parallel chords, whichwere not often described in detail as one of the important harmonic techniques of theRomantic Era. The following points will be explained:1) Both Roving harmony and parallel chords are nonfunctional. Thus, theybreak the tonality of the music or make it unclear.2) Nonfunctional harmony cannot be in existence by itself. It cooperatesalways with functional harmony and operates 4 tonal conditions of the music,namely stable, fluid, vague and indefinite.It will be also surveyed that how these 4 conditions relate to the romantic aestheticsor characteristics, in short fantasy and passion.

収録刊行物

  • 大阪音楽大学研究紀要

    大阪音楽大学研究紀要 (51), 38-52, 2013-03-01

    大阪音楽大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009552168
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00027751
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02862670
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ