能力発達を支える実践研究の方法論--DeSeCoのコンピテンス概念と日本の教育実践記録を手がかりに Methodology of research on practice supporting competence development: referring DeSeCo's concept of competence and the practical documents in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年の能力形成をめぐる教育政策に影響を与えているものに、OECE-DeSeCoのキー・コンピテンシーがある。本稿では、「コンピテンスのホリスティック・モデル」と呼ばれるDeSeCo独特の能力概念の特質を確認した上で、竹沢清の教育実践記録を素材に、そこに内在している発達観や能力観を実践記録の叙述構造から明らかにし、能力発達を支える実践研究の方法論について考察を行った。

収録刊行物

  • 福井大学教育実践研究

    福井大学教育実践研究 (35), 9-20, 2010

    福井大学教育地域科学部附属教育実践総合センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009552224
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10403339
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13427261
  • NDL 記事登録ID
    11066878
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ