イタ・ヴェーグマン/ハウシュカによるリズミカルアインライブング : その歴史・理論・実践

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リズミカルアインライブング(独語:Rhythmishe Einreibung)は1900 年代初頭にスイス・ドイツを中心に発展したアントロポゾフィ-(シュタイナ-)医学・看護のケア技術の一つで「アロマオイルや軟膏を定型フォルムに添ってリズミカルにケアリングタッチで皮膚に塗擦するケア」である.ここではその歴史,理論的背景,手技の特徴,効果・適応,EBM,今後の可能性について概観した.アントロポゾフィ-(シュタイナ-)医学・看護は理論背景にルドルフ・シュタイナ-が提唱した世界観であるアントロポゾフィ-(邦訳:人智学)を持ち,西洋医学に基礎を置いた代替・補完療法として世界的に認知されている全人的医療モデルである.リズミカルアインライブングは「タッチの質,そこに存在していること,リズム,オイル,技術」についての5 つの特徴を持っている.その効果には熱生成促進,疼痛緩和,緊張・痙攣緩和,呼吸調整,血液・リンパ循環改善,可動性促進,消化活性化,組織栄養状態改善,創傷治癒促進,片頭痛緩和,覚醒- 睡眠の調整,健康感上昇,身体に関する明確な感覚,弛緩と沈静,信頼感・安心感の形成,意識の明瞭化・決断力強化・集中力強化などがある.加えてリズミカルアインライブングは「共に癒されるケア」「看護の質を耕すケア」「孤独を癒し愛を伝えるケア」としての可能性を持つケア技術でもある.

収録刊行物

  • 京都市立看護短期大学紀要

    京都市立看護短期大学紀要 37, 1-12, 2013-02-01

    京都市立看護短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009552625
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00060586
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    02861097
  • NDL 記事登録ID
    024316303
  • NDL 請求記号
    Z19-1249
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ